ART アート ART アート

広島にゆかりのある4組のアーティストにパブリックスペースをデザインしていただきました。 広島にゆかりのある4組のアーティストにパブリックスペースをデザインしていただきました。

1Fエレベーターホール
「ヒロシマカラー Colours of Hiroshima」Artist/古武家賢太郎
18歳まで広島の山の中で育ち、久々に故郷に帰り絵を描き上げた。山の風、音、香りを感じ、忘れていた広島の色を思い出した。一色ではない、生命力みなぎるたくさんの色。広島の色は本当に賑やかなのだ。

【古武家賢太郎プロフィール】
広島県生まれ。2009年ロンドン芸術大学チェルシーカレッジファインアート(MA)修士課程修了、2012年に文化庁新進芸術家海外研修制度研修員に選出。現在はロンドンを拠点に活動。
2Fエレベーターホール
「One River」Artist/池田衆
広島を流れる6つの川の写真をカットし再構成しています。異なる時間や場所が調和しながら繋がっていき、全体を"一つの川"と見立てた広島の原風景をイメージしています。

【池田衆プロフィール】
1979年広島市生まれ。2004年東京造形大学卒業。2009年キャノン写真新世紀佳作受賞。主な個展にマキファインアーツ(東京)、BlindspotGallery(香港)など。
3Fエレベーターホール
「ELECTRIC CITY HIROSHIMA」 Artist/IC4DESIGN
近未来的な街並みの中にサッカースタジアム、ベースボールスタジアム、原爆ドームもある。高層ビル群の中を道路が交差し、昔夢みたFuture City。ワクワクする未来都市 広島を描く。

【IC4DESIGN プロフィール】
広島を拠点に、日本をはじめとしたアジア、アメリカ、ヨーロッパ、中東など国内外を問わず活動。
絵本「迷路探偵ピエール」を30ヵ国以上で出版。
3Fキッズスペース
「ひろしまの宇宙」 Artist/高橋由季
ゆるやかにきらめく瀬戸内海。広島の穏やかなところと元気なところが宇宙まで届き、優しく羽ばたく鳩とふわりと舞う紅葉のようにこれからの晴れやかな未来を思い描きました。

【高橋由季プロフィール】
イラストレーター。ザ・チョイス江口寿史さんの審査にて準入選。書籍、雑誌、広告、CDジャケットなどさまざまな媒体で活動。デザインユニットコニコとしても活動中。